企業の採用担当者様

Work@Kawasaki

人材派遣・人材紹介・
採用活動の支援は
当社にお任せください!

採用活動の現状とポイント

中小企業は7社に1社程度しか人が採れない時代

現在は、300名以下の中小企業の新卒採用の有効求人倍率は6.45倍(2018年3月新卒者)。
つまり、7社に1社程度しか人が採れていない時代です。

スマホが普及した今、スマホひとつで何十万という会社の中から職種、勤務場所や待遇など検索条件を入力すれば、簡単に仕事先を検索できる時代だからこそ、皆少しでも良い条件の会社を選ぼうとシビアに企業を見定めているのです。

そういう時代において、人材を獲得するには、何をしたら良いのでしょうか?

採用活動で、なぜ人が集まらないのか?

あなたが採用活動に苦労しているとしたら、その理由は何でしょう?

・時給が低いから?
・募集広告の費用をかけていないから?
・競合している求人と比べ魅力がないから?
・・・

まずは、現状としっかりと向き合い、あなたの会社の魅力と課題の両方を「棚卸し」する必要があります。
現状の人が採れないままでは、新規採用ができないばかりか、新たな退職者を出しかねません。

求職者のニーズを知り、もっと自社の魅力を伝えよう

就職や転職活動をしているとき、人は多くの情報を求めています。

・何をしている企業なのか?
・どのような仕事を任せたいのか?
・時給や就業時間・休日等の労働条件は?
・昇給や休日・残業の有無は?
・・・・

職を探している人たちのこういったニーズに応え、仕事をイメージしやすくし、求職者の不安材料を減らすことが、今の求人活動において最も大切です。

採用活動と1つ1つ丁寧に向き合うと、自社の雇用環境の問題点が色々と見えてきます。
それらを地道に改善していく熱意と、自信を持って自社の魅力を伝えようとする姿勢が求職者の心を動かし、応募したいという意欲に繋がるのです。

ヒューマンアシストの
採用コンサルティング

単なる人材派遣だけでなく、採用戦略のコンサルティングも承ります

ヒューマンアシストは、単なる人材派遣会社ではありません。

20余年にわたり地元川崎で多くの企業に人材を送り出してきた経験からあなたの会社の魅力を「棚卸し」して、しっかりと求職者にアピールできる形にするお手伝いをします。

採用にあたり改善すべき企業課題を洗い出し、その解決のお手伝いやアドバイスができるのも当社の強みです。採用活動にお悩みの際には、ぜひ当社にご相談ください。


現状分析

現状分析

あなたの会社の採用・求人活動の現状を分析し、問題点・課題を明確化します。

ニーズ分析

ニーズ分析

求職者がどんな職場や情報を求めているのか、そのニーズを明確化します。

アピール戦略立案

アピール戦略立案

求人条件を明確にするとともに、求職者の不安材料を減らし、効果的にアピールするための戦略についてアドバイスします。

アピール支援

アピール支援

働く姿をイメージしやすくするための情報内容や表現方法についてアドバイスします。

無料相談いたします。お気軽にご相談ください!

お問い合わせはこちら

Service Menu

人材紹介メニュー

人材のベストマッチングを実現します。

「社員がすぐ辞めて困っている」「5年先を見越して、こんな人材が欲しい」「新しい事業を始めるので、こんなスキルがある人材が欲しい」「短期集中で人が欲しい」
・・・人材が必要な理由はさまざまですが、その目的によって、必要な人物像や雇用形態は違います。

ヒューマンアシストは、皆様のニーズの本質をしっかり汲み取った上で、お互いのハッピーのために、これまで培ってきたノウハウで、最もふさわしいと思われる人材のベストマッチングを実現します。

人材紹介メニュー

Why Human Assist?

ヒューマンアシストが選ばれる理由

川崎に特化して、18年。

「なぜ川崎にこだわっているの?」と聞かれます。

それは、川崎駅から海まで田んぼだった頃から続く川崎の家系に産まれた創業者が、もっとも詳しい場所だからです。
そんな創業者が、緊急時に30分で行けるエリアを対象としています。
私たちは、川崎の採用に関わる事で、この街の将来に夢と誇りを持ち、明るく元気な職場を増やす事で、地域の活性化に繋がると本気で信じて 取り組んでいます。

皆様のご要望を形にできるように、日夜努力を続けています。

会社概要

ミスマッチを減らす取り組み

ミスマッチを発生させないよう、労使双方の話を徹底的に聞いた上で、ベストマッチと思われるお引き合わせをいたします。

安定した就業実績の実現

地域の人材を探すなら地元に詳しい企業にと、80%超のお客様から高評価を頂いております。

経験豊富な担当者が対応

大手派遣会社の支店長クラスで業界経験が7~10年といわれる中、20年の業界経験を持つベテラン担当者が対応いたします。

地元会社ならではのご縁を

脈々と続く地域の『ご縁』を大切にした結果のメリットが、双方のHAPPYにつながる近道だと考えております。

川崎密着ならではの手厚い対応

創業者が生まれ育った最も詳しい場所だからこそのお引き合わせをいたします。緊急時に30分で行けるエリアを対象としています。

スキルアップをバックアップ

業界随一の就業支援や福利厚生メニューを提供しており、スタッフのモラル・モチベーション向上に努めています。

ご依頼から就業までの流れ

  • STEP 1

    ご依頼

    まずはお電話・WEBにてご依頼ください。

  • STEP 2

    要件ヒアリング

    人材の必要な理由、求める経験・スキル、就業環境などを営業担当がお伺いします。

  • STEP 3

    人材選出

    ご要望やスタッフの持つ能力・諸条件を考慮し、マッチングします。

  • STEP 4

    ご契約

    基本契約書を双方で締結します。

  • STEP 5

    就業開始

    就業条件、お仕事内容、職場環境などを確認し、問題がなければ、就業決定となります。

  • STEP 6

    アフターサポート

    担当営業がスタッフの就業状況等を定期的に確認し、報告いたします。

ご依頼はこちら


新着特集・お知らせ

特集・お知らせをもっと見る


よくあるご質問

A 派遣受入期間について解説します。

平成27年9月30日に改正された派遣法では、派遣の受入期間は企業側と就業スタッフの2つが存在します。

派遣先・・・3年

※事業所ごとの単位となり、更新する際は組合等従業員の過半数上の同意が必要です。

派遣スタッフ・・・同一部署で継続して3年間就業した場合

※派遣元と期間の定めのない契約をしている場合は対象外となります。

その他、受入期間の制限がないケース

  • 3年以内の有期プロジェクト業務
  • 日数限定業務(1ヶ月の勤務日数が通常の労働者の半分以下かつ10日以下
  • 産前産後休業、育児休業を取得する労働者の業務
  • 介護休業等を取得する労働者の業務

 

A 以下の業務では、人材派遣を受け入れてはいけません。

  1. 港湾運送業務
  2. 建設業務
  3. 警備業務
  4. 病院等における医療関係の業務
    (除・紹介予定派遣、産休等休業取得者の代替、へき地の医師)
  5. 弁護士、税理士等のいわゆる「士」業務(一部例外有)

A 平成27年9月30日施行の改正労働者派遣法により、派遣可能期間に関する考え方が大きく変わりました。

平成27年9月30日施行の改正労働者派遣法により、派遣の受け入れ可能期間に関する考え方が大きく変わりました。

従来は「同一の業務」について派遣可能期間を定めていましたが、改正により、すべての業務で以下2つの期間制限が適用されることになりました。(※これに伴い、いわゆる「政令26業務」も廃止されました。)

1)派遣先事業所単位の期間制限

派遣先は「派遣就業の場所(事業所など)」で、継続して「3年」を超える期間の労働者派遣を受けてはなりません。

※3年を超え継続して労働者派遣を受け入れる場合、派遣先事業所の「労働組合等」から意見聴取し、過半数以上の合意が必要です。

※このルールは「派遣就業の場所(事業所など)」を単位として適用され、 業務内容に関わらず同一の事業所に派遣されているすべての派遣労働者が同一の期間対象となります。

2)派遣労働者個人単位の期間制限

派遣先は、派遣就業の場所における「組織単位(課など)」ごとの業務について、派遣元から「3年」を超える期間継続して「同一の派遣労働者」を受け入れてはなりません。

※同一の組織(課など)に同一の派遣労働者は「3年」までしか派遣できませんが、所属する組織が変われば、引き続き同一の事業所であっても派遣を受け入れが可能です。

※なお、例外として、「無期雇用」の派遣労働者には、個人単位の派遣期間に制限がありません。

 

◎詳細は弊社サイト【雇用・派遣法令関係】のページ内に厚生労働省が発行している『平成27年派遣法改正に関するご案内(概要版)』に掲載してあります。

~ (参考)抵触日の通知義務等について ~

上記の派遣可能期間の制限に抵触することとなる「最初の日」を抵触日といい、派遣先及び派遣元の双方に通知等の義務が課せられています。

〇派遣先の義務:労働者派遣契約の締結時に、派遣元に対して、その「事業所単位」の抵触日を通知しなければなりません(派遣元は、派遣先からこの抵触日の通知がなければ、労働者派遣契約を締結することができません。)。

 〇派遣元の義務:あらかじめ派遣労働者に対して、「事業所単位および個人単位」の抵触日を明示しなければなりません。

よくあるご質問をもっと見る