特集記事・お知らせ Topics

align:none link:0 alt:0 縁あって、ボランティアをしてきました。  class:bg_page_top_visual

縁あって、ボランティアをしてきました。

寺子屋先生

  • 2019/06/13
  • お知らせ / 川崎トピックス / その他

それは、小学校の授業が終わってから2時間くらい、子どもたちの宿題を見てあげるというボランティアです。

 

生徒を高学年と低学年に分け、隔週で20~30名の子どもたちが図書室に来ます。

 

そもそもボランティア自体も初体験なので少しドキドキします。

それに『そんな少しの時間で何か役に立つのかな?』という疑問も感じていました。

 

その疑問は、1回目の寺子屋が終わった後に解決していました。

普通に話しているだけで楽しかったのもありますが、寺子屋が終わった後のミーティングの席での話で納得したのです。

 

“月にわずか4~5時間でも『宿題を見て褒めてあげる』『一緒に考えてあげる』『話を聞いてあげる』だけで、子どもにとってはうれしいことだったりするのです。”という話があり、私は納得し意義を感じたのでした。

先週は低学年、今週は高学年でした。お互い初めましてからの始まりです。

なるほど、高学年の方が個性というのがハッキリしている気がします。

 

自分の子育て自体も始まったばかりの私には楽しいですね! 素直に。

派遣業で、“相手のニーズを考えるのが仕事”という私にとって、純粋にあるものだけを提供して喜んでもらえたらうれしいものです。

 

子どもと普通に話しているだけで癒されます。

これは自分にとって驚きだったのですが、純粋で全て解りやすいので面白いんです。

要領よく宿題を終わらせて遊ぶ子、遅いけど丁寧な子、宿題より話したいことがある子など、純粋で色々な個性に寄り添ってあげたいと思う気持ちが、相手にとって必要な物になるなんて素晴らしい話じゃないか!と思いました。

先生って思われるのも悪い気はしません、小学校なら宿題も教えられそうですから先生って言われる資格も一応ある気もします。

 

2週にわたり参加して、これから1年間を共に成長したいと思いました。

みんなの期待に応えられる素敵な先生になれるよう頑張りますのでよろしくお願いします。


一覧に戻る

TOPICS

トピックスをもっと見る

仕事をお探しの方はこちら
お問い合わせ

企業の採用担当者様はこちら
お問い合わせ

派遣|川崎|ジョブなび川崎へ求人