特集記事・お知らせ Topics

align:none link:0 alt:0 安定した仕事を与えられる能力が無いから今の環境なんです  class:bg_page_top_visual

安定した仕事を与えられる能力が無いから今の環境なんです

  • 2019/04/25
  • お知らせ / 仕事をお探しの方 / 就活トレンド / その他

前回のコラムで告知したD君の話をしたいと思います。

 

Dくんは30代半ばの男性です。

事務用機器を製造する現場で、品質検査の仕事を派遣でしていたという経歴の持ち主です。

検査を通して仕事の面白さを感じ、関係する検査資格やCADを独学で勉強している勤勉な人物で、転職を機に安定した職場を探しているとのことでした。

最近多いんです、「安定した職場で働きたい」という人。まあ、言わんとしていることはわかります。

でも、“仕事を紹介する”ということを仕事に20年近く向き合ってきた私は、こう答えています。

「そんな職場は、ありません」と。

 

正確に伝えるならば“安定した仕事を与えられる能力が無いから今の環境なんです”ということです。

 

私の「何がしたいの?」という質問に「安定した仕事に就きたいです」と答える人が実に多いんです。

もちろん比較的安定した、中途で入社できる職場は存在します。ただし、その会社が将来どうなるか? 配属された部署の人間関係が保証されているのか? その会社に必要とされ続けるのか? は100%保証出来ません。その発想、アプローチの方法、優先順位の選択が間違っていると考えます。

 

安定した職場=ある程度収入が確保され続ける環境

 

と定義した場合、それを手に入れる事は可能です。

大事なのは“結果、安定した収入を確保できるようになれた”という流れで、その環境が手に入れられるということです。発想の転換が必要ですね。

 

世間に必要とされる“何かを生み出せる人”を目指さないと、理想の環境は手に入らないということです。

成功なんてどこにでも転がっています。

現に今の小学生の4割は、まだ存在すらしてない仕事に就くといわれています。大事なのは、

 

何に興味を持ち、情熱を注ぎ続けられるか?

それの結果が出るまでに必要な時間やお金をどう捻出するか?

それをどう認知して貰うか?

 

そういう事ではないでしょうか?


一覧に戻る

TOPICS

トピックスをもっと見る

仕事をお探しの方はこちら
お問い合わせ

企業の採用担当者様はこちら
お問い合わせ

派遣|川崎|ジョブなび川崎へ求人