特集記事・お知らせ Topics

align:none link:0 alt:0 雇用関係助成金ブーム?  class:bg_page_top_visual

雇用関係助成金ブーム?

最初の対象者が適用となる労働契約法の無期雇用転換まで残り13カ月となりました。

  • 2017年7月 5日
  • お知らせ / 企業の採用担当者様 / 法令関連

「雇用関係助成金」をご存じでしょうか?これは、厚生労働省が所管の助成金制度で、国が労働行政を推進するために、労務管理などに関する各種の取り組み行った「事業主」に対して、返済不要のお金を支給するものです。

融資などとは違い返済不要であるため、非常に人気があります。細かく数えると、全部で60コース以上!のラインナップとなっています。

この雇用関係助成金ですが、かつては業種が限定されていたりと、対象となる事業者がある程度絞られているものが多かったのですが、最近は業種不問という助成金も多く、人気が高まっています。

 そのような影響を受けてか、いわゆるコンサルティング会社などが、FAX・メール・電話・セミナーなどにより積極的にセールスをしているようです(なお、雇用関係助成金の申請自体は、社会保険労務士の独占業務となります!)。

しかし、雇用関係助成金を受けるためには、1)労働保険・社会保険の適用を行っていること、2)就業規則や雇用契約書を整備していること、3)いわゆる残業代を適正に支払っていることなど、労務管理がしっかりとできていることが前提となります。

国からお金をもらう訳ですから、当然と言えば当然なのですが・・・この辺りを疎かにしたたまコンサルティング会社などに着手金を前払いした結果、申請が通らなったというケースも非常に多いようですので、ご注意ください。


注目の助成金はコチラになります。

●キャリアアップ助成金

キャリアアップ助成金リンク先:厚生労働省 キャリアアップ・人材育成関係の助成金より

●特定就業困難者を対象にした助成金

特定求職者雇用開発助成金(リンク先:厚生労働省 雇用関係助成金より)


一覧に戻る

トピックスをもっと見る

仕事をお探しの方はこちら
お問い合わせ

企業の採用担当者様はこちら
お問い合わせ

派遣|川崎|ジョブなび川崎へ求人