特集記事・お知らせ Topics

align:none link:0 alt:0 社会保険の適用拡大について  class:bg_page_top_visual

社会保険の適用拡大について

パートタイムの社会保険

  • 2016年10月10日
  • お知らせ / 仕事をお探しの方 / 企業の採用担当者様 / 法令関連

10月1日より、もう1つ大きな改正法が施行されました。

パートタイマー(いわゆる短時間労働者)に対する、社会保険(厚生年金・健康保険)の適用拡大です。

これまで短時間労働者は、企業規模を問わず、所定労働時間及び所定労働日数が、正社員のおおむね「4分の3以上」であれば、社会保険の被保険者となっていました。

ざっくりといえば、週の所定労働時間が「30時間」くらいであれば、被保険者となっていたわけです。

しかし・・・10月1日からは、「被保険者数501人以上」の企業で勤務している短時間労働者については、週の所定労働時間数が「20時間以上」であれば、被保険者になります(その他、賃金月額8.8万円以上などの要件あり) 。

つまり、1日4時間×週5日勤務=20時間、というような方も、原則として、社会保険の被保険者になるということです!

これまで夫の社会保険の被扶養者となるよう週の所定労働時間数を30時間未満とし、年収も130万円未満に抑えていたパートさんも働き方の選択を迫られることになります。

被保険者となることを回避するために週所定労働時間を20時間未満に抑えるのか、逆に可能な限り働いて手取り額を増やすのか・・・。

この辺りは、社会保険に加入するメリットも踏まえた上での判断になると思います(いずれ記事にします)。

なお、今回の改正では「501人以上」の企業だけが対象となりますが、いずれは対象となる企業規模は徐々に引き下げれるでしょうし、配偶者控除についても見直しの議論が行われています。

まさに、「1億総活躍」が求められる時代が、もうすぐそこまでやってきているのです。


一覧に戻る

トピックスをもっと見る

仕事をお探しの方はこちら
お問い合わせ

企業の採用担当者様はこちら
お問い合わせ

派遣|川崎|ジョブなび川崎へ求人